×

CATEGORY

HOME»  遺伝子組み換えへの警笛

遺伝子組み換えへの警笛

あなたは今、遺伝子組み換え食品を食べさせられている

あなたは今、遺伝子組み換え食品を食べさせられている

大豆なら大豆同士、トマトならトマト同士を交配させてより良い品種を作る「品種改良」は、古くから行われて来ました。
しかし「遺伝子組換作業」は、植物同士ではなく、植物と動物、植物と微生物というように、自然界では絶対に起こり得ない掛け合わせによって品種の改良を目指すものです。
例えば、日本たばこ産業では、たばこにヒトの肺の遺伝子を組み込む実験が行われています。
こうして作られた物は、本質的にこの世に存在しない怪しげな新生物なのです。
また、自然界ではまれに突然変異も起こりますが、それにしても全く違う生命体の遺伝子が入ってしまうということはありません。
考えて見てください。遺伝子組換農産物が自然界の法則を破り、この世に存在しない怪しげな新生物を造り、しかも、未熟な技術と手探りで作り出された物がどんな重大な危険性をはらんでいるか、何の専門知識のない私共でも常識で判断して理解できるのではないでしょうか。平成8年8月、厚生省は大豆、ナタネ、トウモロコシ、ジャガイモなどの7品種について、「遺伝子組換農産物(輸入農産物)」の安全性を確認したとして事実上の輸入を認めました。
同年11月から輸入され始めたこれらの農産物は、大豆油、コーン油、醤油、豆腐、味噌、コーンスターチ、成形フライドポテトなど多くの食品に加工され、市場に出回るようになりました。

遺伝子組み換えの危険性

遺伝子組み換えの具体例としては、例えば大豆やナタネは、除草剤に耐える微生物由来の遺伝子を組み込まれ、除草剤耐性を持つように作られました。また、ジャガイモやトウモロコシには毒素をもったタンパクを生産する微生物を掛け合わせ、虫に負けない作物が作られました。
これらは今までにない品種改良技術ですが、微生物と植物という、自然界では絶対に生まれることのない掛け合わせで食物が作り出されたことになります。

ここに大きな問題があると指摘しているのは、米国国立衛生研究所の遺伝子工学のプロ、ジェン・フェイガン博士です。
彼は遺伝子組換作物の安全性を立証することは不可能だと言い切っています。
植物に組み込んだ遺伝子の予測不可能ないたずらにより、考えられない副作用が起こる可能性があるというのです。
例えば、害虫抵抗性を持たせた植物を虫がなめると死んでしまいます。
その急性毒素について、マウスによる摂取実験では、安全性が確認されたと言われていますが、人間が長期に渡って摂取した時の影響などは実験されていません。
フェイガン博士はその先の危険性について力説しているのです。

重要なことは、私たちは、「遺伝子組換作物」と「そうでない物」の選択が不可能であるということです。
この事態を回避するためには、遺伝子組換農産物の輸入に対して「イエス」か「ノー」かの立場をはっきりと表明するしか道がありません。
選択する余地のない遺伝子組換作物を皆さんはどう受け止めますか?
このまま放置して良いのでしょうか?

CATEGORY

MENU